第1部会(国語教育)

研究授業・研究協議

小山秀樹元指導教諭による
国語科公開研究授業と研究協議の実施について

本研究会では「授業力」向上をめざして、さまざまな側面から相互に学び会う機会をつくろうと企画しているところですが、このたび今宮高校の小山秀樹元指導教諭による公開研究授業を実施する運びとなりました。

「私達が立っている場所」(錬成現代文)は、生徒の主体的な活動を通してことばの力をつける授業として20年以上実践を続けられている授業です。対面授業の可能性を追求する授業としてこれまでに、大阪府内外から400名を越える先生方にご参観いただいています。是非ご参観いただき、主体的な学び、対話的な学びを通して深い学びをどうかたちづくるかなど、授業づくりのヒントを持ち帰っていただければと思います。
(今回はオンラインでも開催します。)

また、研究協議では、実施が迫っています「観点別学習状況の評価」に関して本校の取組をもとに話し合うことができればと考えています。国語科の先生方に限らず、他教科の先生方もぜひご参加ください。新型コロナウィルス感染予防の観点から、安全に十分配慮した運営を計画しています。

校務ご多用の折とは存じますが、貴校の先生方にご紹介頂きますようご配慮の程よろしくお願い申しあげます。

日時
2021年11月24日(水)12:55~14:50開催要項はこちら
場所
大阪府立今宮高等学校(参観人数上限:20名)

大阪市浪速区戎本町2-7-39 Tel:06-6641-2612

ビデオ会議システム「Zoom」を使用したオンライン開催
内容
12:30~12:50 受付
12:55~13:40
国語科研究授業「視点の発見と獲得」
教材:「歴史としての科学」(村上 陽一郎)
授業者:小山 秀樹

▼授業者は、「主体的」「対話的」「深い学び」を含んだ授業実践を30年以上続けてきました。国語科の学校設定科目「私達が立っている場所」(3年練成現代文)は、「教材を読み込む」「理解を話し合い共有する」「資料を作成する」「わかりやすく発表する」など、言語活動を複合的に組み合わせて日常を生き抜くことばの力をつける授業をめざしています。それは、新学習指導要領の言葉による見方・考え方を働かせ、的確な理解と効果的な表現能力を育成する目標にも合致するものです。新任の先生方、若い先生方に是非ご参観いただきたいと思います。

13:50~14:50
研究協議

▼ご参観いただいたあと、授業についての意見や協議に加えて、本校国語科の「観点別学習状況の学習評価」についての取組を材料に、みなさんとともに考えたいと思います。また、日頃の授業の悩みなどを出し合うことができればと思います。

申込先
11月19日(金)までにFAXよりお申込みください。
オンラインをご希望の方は、申込みフォームからご登録ください。

【 FAX 】
06-6645-7608FAX申込書はこちら
大阪府立今宮高等学校 小山 秀樹 宛

※教室での参観人数の上限は20名です。
 お早めにお申込みください。

【 オンライン申込みフォーム 】
https://forms.gle/JMKRikQLUELn1nGh8

問合せ
大阪府立今宮高等学校 06-6641-2612
お申込み前にご確認ください
  • 今回の国語土曜塾はビデオ会議システム「Zoom」を使用したオンライン開催となります。
  • パソコンの場合は(https://zoom.us/join)からログインをします。
    スマートフォン・タブレット端末の場合は「Zoom」のアプリケーションを事前にダウンロードしていただく必要があります。ログインのID・パスワードは登録いただいたメールにてお知らせいたします。
  • 今後、感染の状況や府教委からの要請等に応じて、本会を余儀なく中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。なお、その際はお申込み時にご登録いただいたメールアドレスに連絡いたします。

    ※急な連絡を入れさせていただく場合がございます。
     携帯や自宅でも確認できるアドレスをご登録ください。

PageTop